医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀消化器内科 Vol.35 No.8【電子版】

2020年8月号

薬物療法がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-2488
電子版発売日
2020/07/27
ページ数
108ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISSN
0911-601X
印刷版発行年月
2020/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

薬物療法がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy
 ここ数年,肝細胞癌に対する薬物療法の進歩が著しい.現在,数多くの免疫チェックポイント阻害剤と分子標的治療薬との併用試験が世界中で行われており,今後,ますますHCC治療戦略において薬物療法が重要となるのは間違いないであろう.

目次


 巻頭言 /小池 和彦
 1.肝細胞癌に対する薬物療法
 (1)治療アルゴリズムにおける位置づけ/山下 竜也 他
 (2)ファーストライン導入のタイミング―現状と課題/森口 理久 他
 (3)セカンドラインへの切り替えタイミングの現状と課題/上嶋 一臣
 (4)腫瘍マーカーや血液バイオマーカーの現状と課題/能祖 一裕
 (5)画像による治療効果判定の現状と課題/小川  力 他
 (6)肝予備能評価の重要性―ALBI グレードを中心に/平岡  淳 他
 2.肝細胞癌に対する薬物療法の現状と課題
 (1)肝細胞癌に対するソラフェニブの現状と課題/友成  哲 他
 (2)肝細胞癌に対するレゴラフェニブの現状と課題/興梠慧輔,小笠原定久 他
 (3)肝細胞癌に対するレンバチニブの現状と課題/土谷  薫
 (4)肝細胞癌に対するラムシルマブのエビデンスと初期使用経験/末廣 洋介,相方  浩 他
 3.肝細胞癌に対する新規薬物療法の最新情報
 (1)カボザンチニブの最新情報/小林  智
 (2)アテゾリズマブとベバシズマブ併用の最新情報/岩本 英希
 (3)その他の新規薬物療法の最新情報/池田 公史
 4.肝細胞癌に対する個別化医療の現況と展望/恵荘 裕嗣