医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀消化器内科 Vol.35 No.12【電子版】

2020年11月号

除菌後時代を迎えた胃癌診療-残された課題を巡って

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-2488
電子版発売日
2020/10/19
ページ数
120ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISSN
0911-601X
印刷版発行年月
2020/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

除菌後時代を迎えた胃癌診療-残された課題を巡って
 本特集はH. pylori 除菌療法普及に伴って,その様相を変えつつある胃癌診療の現況を俯瞰し,これからの時代が直面する課題について整理を試みたものである.

目次

巻頭言 /一瀬 雅夫

 1.除菌後胃癌を巡る課題
  1)H.pylori 除菌後10 年以降の胃癌リスク/水野 元夫 他
  2)H.pylori 感染胃炎からの発癌と除菌後胃癌発生機序― H.pylori 除菌後胃癌発生における分子機構/福田 昌英,牛島 俊和
  3)除菌後胃癌の診断を巡って
   a.臨床病理学的特徴/小林 正明 他
   b.内視鏡診断の要点/藤崎 順子
   c.効率的な内視鏡診断― 各モダリティの精度,特性,適切な選択/堀口 徳之,大宮 直木 他
   d.除菌後発見胃癌の好発部位は中間帯である/八木 一芳 他
   e. 除菌後胃癌―診断困難例を巡って
    ① 除菌による粘膜表面の形態変化・色調変化/山﨑 琢士
    ② 除菌による側方進展への影響/伊藤 信仁 他
  4)除菌後胃癌のハイリスク/井口 幹祟 他
 2.H.pylori 未感染胃癌を巡る課題
  1)内視鏡的・臨床病理学的特徴/赤澤 陽一,永原 章仁 他
  2)非 噴門部胃癌と噴門部胃癌の臨床病理学的比較検討/向井 伸一 他
 3.EB ウイルス関連胃癌/浦牛原幸治 他
 4.遺伝的要因を背景とした胃癌/岩泉 守哉 他
 5.A 型胃炎(自己免疫性胃炎)を背景とした胃癌/原  裕一,蔵原 晃一 他