医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀消化器内科Vol.33 No.1【電子版】

2018年1月特大号

特集 NASH 2018

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-2488
電子版発売日
2018/02/12
ページ数
138ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

印刷版ISSN
0911-601X
印刷版発行年月
2017/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 NASH 2018
 C型肝炎による肝癌は減少しているが、HBVもHCVもいない肝癌、「非B非C型肝癌」が、実は、増加を続けている。その実数は、この20年間で5倍以上である。その主体はNASHという代謝性の肝疾患である。すなわち、HBVやHCVによる「外因性の肝疾患」に代わって、「内因性の肝疾患」で命を落とす時代に入ったのである。

目次

特 集/NASH2018
巻頭言―これからの肝臓病診療とNASH 小池 和彦     7
1 .NASH・NAFLDの疫学 川口  巧 他   9
2 .NASH の診断―アルゴリズムと問題点 杉本 和史,竹井 謙之     17
3 .NASH の病理所見 全 陽     25
4 .NASH・NAFLD の画像による評価 小林奈津子,飯島 尋子 他   31
5 .NASH 診断のバイオマーカー 角田 圭雄 他   37
6 .糖尿病とNASH・NAFLD 添田光太郎,植木浩二郎     45
7 .NASH の遺伝的素因 岡上 武     53
8 .NASH と腸内細菌 谷合麻紀子     61
9 .NASH の動物モデル―病態よりみた妥当性と問題点 汐田 剛史     67
10.NASH における肝癌発生の実態 伊藤 義人 他   77
11.NASH の治療はどこまで進歩したか
(1)栄養・運動療法による成果 松浦 文三     85
(2)抗酸化薬による治療 池嶋 健一     93
(3)糖尿病治療薬による治療 中牟田 誠    101
(4)NASH 線維化に対する薬剤治療の試み 赤羽たけみ,吉治仁志  107
(5)世界で開発中のNASH治療薬 荒瀬 康司 他  113
〔連 載〕〔新連載〕Dr.平澤の上部消化管内視鏡教室―この症例にチャレンジしてください
SMT 様の病変 平澤 俊明 他  119
内視鏡の読み方
 終末回腸に多発する潰瘍・狭窄により再発性腸閉塞をきたした回腸結核の1例 鈴木 将大,貝瀬  満 他  124
検査値の読み方
 自己免疫性肝炎における自己抗体―抗平滑筋抗体測定の意義について 水田 敏彦 他  129
薬の知識
 クローン病治療薬ブデソニド(ゼンタコート®) 鈴木 康夫    134