医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀消化器内科Vol.32 No.02【電子版】

2017年2月号

特集 胃酸分泌抑制療法-その歴史的変遷と現状,今後の課題

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-2488
電子版発売日
2017/08/14
ページ数
110ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,750+税8%)

印刷版ISSN
0911-601X
印刷版発行年月
2017/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 胃酸分泌抑制療法-その歴史的変遷と現状,今後の課題
本邦におけるH. pylori 感染率は確実な低下傾向を示しており,その結果,欧米人の1/3程度と報告されていた日本人の胃酸分泌が増加傾向に転じている事は明らかである.新しい薬剤PCABなどの安全性についても取り上げた.

目次

巻頭言 一瀬 雅夫   147
1.胃酸分泌調節機構と胃酸分泌抑制療法の歴史的変遷 千葉 勉   149
2.胃酸分泌抑制薬
(1)制酸薬からH2 受容体拮抗薬(H2RA)まで 小泉 重仁,飯島 克則   155
(2)プロトンポンプ阻害薬(PPI) 沖本 忠義,村上 和成   161
(3)カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P‒CAB) 木下 芳一 他  169
3.胃酸分泌抑制薬による治療の現状
(1)消化性潰瘍 佐藤 貴一   177
(2)H. pylori除菌療法 古田 隆久   185
(3)NSAIDs潰瘍 平石 秀幸 他  191
(4)逆流性食道炎 星野慎太朗,岩切 勝彦 他  199
(5)非びらん性胃食道逆流症(NERD) 竹内 利寿,樋口 和秀   205
4.酸分泌抑制療法の課題と今後
(1)カルチノイド 佐藤 祐一 他  213
(2)腸内細菌叢への影響と大腸疾患 井上 泉 他  219
(3)その他の課題―肺炎・骨関節疾患・認知症など 白井 聖一,前北 隆雄 他  225
〔連 載〕検査値の読み方 大木 隆正   235
 胆道系酵素の著明な上昇を伴う急性肝障害をきたした症例
内視鏡の読み方 小林 正明 他  240
 大腸限局性AL アミロイドーシス
内科医にもわかる肝生検の見方 全  陽   245
 7 慢性胆汁うっ滞型の肝障害(3)
〔学会だより〕JDDW2016 第20回 日本肝臓学会大会 田中 榮司   176