医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀消化器内科 Vol.37 No.11【電子版】

2022年10月号

外来で行う消化器がん薬物療法のコツ-専門医からのアドバイス

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-2488
電子版発売日
2022/09/21
ページ数
128ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISSN
0911-601X
印刷版発行年月
2022/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
76 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

外来で行う消化器がん薬物療法のコツ-専門医からのアドバイス
 近年,多くのがん薬物療法が“入院から外来へ”移行しつつある.
 本特集には,医療の質と患者満足度の高いがん薬物療法を外来で行うエッセンスがちりばめられている.

目次


  巻頭言: /朴  成和
 1 .がん診療におけるがん薬物療法の位置づけ
  (1)食道がん/高見澤重賢,加藤  健 他
  (2)胃がん/大村 洋文,馬場 英司 他
  (3)大腸がん/松原 裕樹,室   圭
  (4)肝臓がん/澁木 太郎,池田 公史
  (5)膵臓がん/奥坂 拓志
  (6)胆道がん/佐々木 隆
 2 .外来療法中の悪心・嘔吐,発熱,ポート管理/前田  修
 3 .外来で施行可能な最新レジメンと最適な患者管理
  (1) 経口フッ化ピリミジン系薬物,FTD/TPI 使用レジメン/水上 拓郎,内野 慶太
  (2)プラチナ系薬物使用レジメン/稲垣 千晶,川上 尚人
  (3)タキサン系薬物使用レジメン/杉浦 徳子,原  浩樹
  (4)イリノテカン系薬物使用レジメン/下嵜啓太郎,高張 大亮
  (5)ゲムシタビン使用レジメン/石垣 和祥
  (6)血管新生阻害薬使用レジメン/梶原 猛史,仁科 智裕
  (7)抗EGFR,抗HER2 抗体薬使用レジメン/石塚 保亘,佐藤 太郎 他
  (8)キナーゼ阻害薬使用における有害事象/原田 一顕,小松 嘉人
  (9)免疫チェックポイント阻害薬使用レジメン/岡野 尚弘,長島 文夫 他

[連 載]「胃炎の京都分類」の使い方 第4回
       びまん性発赤の内視鏡診断/小野 尚子 他

〔連 載〕大腸ポリープに挑む 第5回 大腸ポリープの診断・治療アルゴリズム
   10 mm 未満の大腸ポリープに対するCold polypectomy とEMR の使い分けを中心に/浦岡 俊夫 他