医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床雑誌外科 Vol.82 No.5【電子版】

2020年4月増刊号

大学病院では学べない外科臨床

出版社
南江堂
電子版ISSN
2432-9428
電子版発売日
2020/05/18
ページ数
199ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,480 (本体¥6,800+税10%)

特記事項
本商品は紙版の誌面を電子化したものです。広告や次号予告などは紙版発売時の内容になります。
印刷版ISSN
0016-593X
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

大学病院では学べない外科臨床 1937年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇る。毎号特集形式で、外科領域全般にかかわるup to dateなテーマを選び最先端の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載が3~4篇、また投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成。

目次

特集 大学病院では学べない外科臨床
●編集にあたって 佐野武
I.消化器外科
 1.特発性食道破裂 平岩訓彦
 2.胃・十二指腸穿孔 中村哲也
 3.下部消化管穿孔 近藤崇之
 4.急性胆嚢炎 上原智仁
 5.急性胆管炎 桐山勢生
 6.大腸憩室穿孔 富沢賢治
 7.腸捻転-特に盲腸捻転・S状結腸捻転に関して 本城弘貴
 8.NOMI 由茅隆文
 9.ストーマ脱出・脱落(壊死)-診断と治療 向井俊貴
 10.直腸異物-診断と治療方針 高見友也
 11.痔核(嵌頓痔核を含む) 高野正太
 12.鼠径部ヘルニア(鼠径ヘルニア,大腿ヘルニア),閉鎖孔ヘルニア 松田年
 13.大網裂孔ヘルニア 宇高徹総
 14.急性虫垂炎 石川成人
 15.外傷・多臓器損傷 当麻美樹
II.胸部外科
 1.気胸・血胸・血気胸 米谷文雄
 2.心タンポナーデ 船曵知弘
III.血管外科
 1.急性大動脈解離・腹部大動脈瘤破裂 柴田豪
 2.孤立性上腸間膜動脈解離・閉塞 斉藤隆之
 3.下肢静脈瘤-最近の治療 川崎寛
 4.動静脈シャント作成・管理 山崎將典
IV.乳腺外科
 1.乳腺炎 池田達彦
V.救急
 1.自殺企図 梁豪晟
 2.消化管異物・異物誤飲(直腸を除く) 千代孝夫
 3.薬物中毒 永野明範
 4.動物咬傷 新井達
 5.低体温症 荒川穣二
 6.虫刺症 有吉孝一
VI.整形外科
 1.捻挫・脱臼・骨折 鎌田雄策
 2.創処置(裂傷/切傷/挫傷/刺傷) 上山裕二
 3.切断肢とその再接着 大江隆史
VII.皮膚科
 1.アテローム 沢田泰之
 2.褥瘡 楠山明
 3.蜂窩織炎 盛山吉弘
VIII.耳鼻科
 1.舌損傷 泰地秀信
IX.形成外科
 1.爪処置(陥入爪/爪剥離) 赤松順
X.泌尿器科
 1.フルニエ 市原浩司
 2.尿道異物 萩生田純
XI.婦人科
 1.腟内異物 升田博隆
XII.歯科
 1.顎関節脱臼-歴史と治療法 杉崎正志特集 大学病院では学べない外科臨床
●編集にあたって 佐野武
I.消化器外科
 1.特発性食道破裂 平岩訓彦
 2.胃・十二指腸穿孔 中村哲也
 3.下部消化管穿孔 近藤崇之
 4.急性胆嚢炎 上原智仁
 5.急性胆管炎 桐山勢生
 6.大腸憩室穿孔 富沢賢治
 7.腸捻転-特に盲腸捻転・S状結腸捻転に関して 本城弘貴
 8.NOMI 由茅隆文
 9.ストーマ脱出・脱落(壊死)-診断と治療 向井俊貴
 10.直腸異物-診断と治療方針 高見友也
 11.痔核(嵌頓痔核を含む) 高野正太
 12.鼠径部ヘルニア(鼠径ヘルニア,大腿ヘルニア),閉鎖孔ヘルニア 松田年
 13.大網裂孔ヘルニア 宇高徹総
 14.急性虫垂炎 石川成人
 15.外傷・多臓器損傷 当麻美樹
II.胸部外科
 1.気胸・血胸・血気胸 米谷文雄
 2.心タンポナーデ 船曵知弘
III.血管外科
 1.急性大動脈解離・腹部大動脈瘤破裂 柴田豪
 2.孤立性上腸間膜動脈解離・閉塞 斉藤隆之
 3.下肢静脈瘤-最近の治療 川崎寛
 4.動静脈シャント作成・管理 山崎將典
IV.乳腺外科
 1.乳腺炎 池田達彦
V.救急
 1.自殺企図 梁豪晟
 2.消化管異物・異物誤飲(直腸を除く) 千代孝夫
 3.薬物中毒 永野明範
 4.動物咬傷 新井達
 5.低体温症 荒川穣二
 6.虫刺症 有吉孝一
VI.整形外科
 1.捻挫・脱臼・骨折 鎌田雄策
 2.創処置(裂傷/切傷/挫傷/刺傷) 上山裕二
 3.切断肢とその再接着 大江隆史
VII.皮膚科
 1.アテローム 沢田泰之
 2.褥瘡 楠山明
 3.蜂窩織炎 盛山吉弘
VIII.耳鼻科
 1.舌損傷 泰地秀信
IX.形成外科
 1.爪処置(陥入爪/爪剥離) 赤松順
X.泌尿器科
 1.フルニエ 市原浩司
 2.尿道異物 萩生田純
XI.婦人科
 1.腟内異物 升田博隆
XII.歯科
 1.顎関節脱臼-歴史と治療法 杉崎正志