医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床雑誌外科 Vol.78 No.10【電子版】

2016年10月号

消化器癌におけるバイパス術とステント治療

出版社
南江堂
電子版ISSN
2432-9428
電子版発売日
2020/09/14
ページ数
114ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

特記事項
本商品は紙版の誌面を電子化したものです。広告や次号予告などは紙版発売時の内容になります。
印刷版ISSN
0016-593X
印刷版発行年月
2016/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

消化器癌におけるバイパス術とステント治療 1938年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇る。毎号特集形式で、外科領域全般にかかわるup to dateなテーマを選び最先端の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載が3~4篇、また投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成。

目次

特集 消化器癌におけるバイパス術とステント治療
I.総論
 1.消化器癌におけるバイパス術の意義と世界の動向 上西紀夫
 2.消化器癌におけるステント術の意義と世界の動向 前谷容
 3.ステントに用いるデバイス 伊佐山浩通
II.臓器別各論
 1.食道
  1)食道・食道胃接合部狭窄に対する食道バイパス術 檜原淳
  2)食道・食道胃接合部狭窄に対するステント術 水本吉則
 2.胃・十二指腸
  1)幽門狭窄に対するバイパス術 黒田大介
  2)幽門狭窄に対するステント術 佐々木隆
 3.大腸
  1)大腸狭窄に対するバイパス術・ストーマ造設術など 荒木俊光
  2)大腸狭窄に対するステント留置術 斉田芳久
 4.胆道
  1)胆道狭窄に対するバイパス術 有田淳一
  2)悪性胆管狭窄に対するステント治療 露口利夫

私の工夫
 追加の縫合を付加しない安全で正確な腹腔鏡下幽門側胃切除術におけるデルタ吻合 長久吉雄
症例
 特発性血小板減少性紫斑病合併乳癌に対し術前化学療法を施行した1例 秋山玲子
 産褥期に発症した腹腔鏡下幽門側胃切除術後Petersenヘルニアの1例 山田泰史
 胃軸捻転症を伴った高齢者横隔膜弛緩症の1例 諸藤教彰
 腹腔鏡下回盲部切除後に発生した上腸間膜静脈血栓症の1例 早坂一希
 腹壁瘢痕ヘルニア修復に用いた腹腔内留置型メッシュによる小腸皮膚瘻の1例 徳田浩喜
 Hartmann手術後に発症した特発性大腸穿孔の1例 石橋雄次
 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後に発生した胆管内異物(魚骨)の1例 久我貴之
 吐血を契機に発見された著明な白血球増多を伴った膵腺扁平上皮癌の1例 松井芳夫
 膵十二指腸アーケードに動脈瘤を形成し塞栓術を行った分節性動脈中膜融解(SAM)の1例 小林大悟
◎書評
 胸腔鏡拡大視でみる縦隔解剖と剥離手技-食道癌手術を安全に行うために 夏越祥次
◎随録
 日本透析医会研修セミナー「透析医療におけるCurrent Topics 2016(広島開催)」
 医療・看護・介護系管理職向けコーチングセミナー