医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床雑誌外科 Vol.83 No.6【電子版】

2021年5月号

特集 大腸癌肝転移の治療戦略の再考

出版社
南江堂
電子版ISSN
2432-9428
電子版発売日
2021/05/24
ページ数
100ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

特記事項
本商品は紙版の誌面を電子化したものです。広告や次号予告などは紙版発売時の内容になります。
印刷版ISSN
0016-593X
印刷版発行年月
2021/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 大腸癌肝転移の治療戦略の再考 1937年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇る。毎号特集形式で、外科領域全般にかかわるup to dateなテーマを選び最先端の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載が3~4篇、また投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成。

目次

特集 大腸癌肝転移の治療戦略の再考
1.大腸癌治療における肝転移の位置づけ
2.JCOG0603の企画から結果まで
3.JCOG0603の解釈と今後の展開―腫瘍内科的観点から
4.JCOG0603の解釈と今後の展開―大腸外科の立場から
5.JCOG0603の解釈と今後の展開―肝臓外科の立場から
6.技術的切除不能肝転移に対するconversion療法
7.技術的切除可能肝転移に対する術前・術前後化学療法
8.Disappearing liver metastasisの診断と対応
9.肝転移術後補助化学療法
10.大腸癌肝転移に対するRFAの今後の位置づけ
11.大腸癌肝転移に対する薬物療法の開発状況と今後の展望

臨床経験
腹腔鏡下虫垂切除術における一重結紮虫垂根部処理の検討

症  例
異物による十二指腸穿孔に対して腹直筋鞘前葉を用いた被覆術を施行した1例
術後補助化学療法を行った小腸腸間膜平滑筋肉腫の1例
経肛門的イレウス管挿入後に盲腸穿孔した閉塞性下行結腸癌の1例
肝門部胆管内乳頭状腫瘍術後のPetersen’s herniaに対し腹腔鏡下整復を施行した1例
特発性血小板減少性紫斑病を合併した腹部大動脈瘤の1例

書  評
今日の治療薬2021―解説と便覧