医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床雑誌外科 Vol.79 No.12【電子版】

2017年11月増刊号

外科手術器具の理論と使用法

出版社
南江堂
電子版ISSN
2432-9428
電子版発売日
2018/08/06
ページ数
226ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,020 (本体¥6,500+税8%)

印刷版ISSN
0016-593X
印刷版発行年月
2017/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
352 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

外科手術器具の理論と使用法 1937年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇る。毎号特集形式で、外科領域全般にかかわるup to dateなテーマを選び最先端の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載が3~4篇、また投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成。

目次

特集 外科手術器具の理論と使用法
●編集にあたって
I.糸
 1.縫合糸の特徴と選択方法 吉松和彦
 2.消化管領域で用いる吻合用縫合糸選択と使用法 橋本貴史
 3.肝胆膵領域で用いる縫合糸選択と使用法 村上昌裕
 4.血管吻合に用いる縫合糸選択と使用法 石田厚
II.ドレーン
 1.ドレーンの種類特性と使用法(VAC療法も含めて) 北野雄希
 2.上部消化管手術に用いるドレーンと使用法 鍋谷圭宏
 3.下部消化管手術に用いるドレーンと使用法 中尾紗由美
 4.肝胆膵手術に用いるドレーンと使用法 田中邦哉
 5.乳腺手術に用いるドレーンと使用法 岩間敬子
III.エネルギーデバイス
 1.電気メスの特性と正しい安全な使用法 小山勇
 2.超音波凝固切開装置の特性と正しい使用法 中島亮
 3.シーリングデバイスの特性と正しい使用法 中川和也
 4.マイクロ波機器の歴史と今後の展望 谷徹
 5.上部消化管手術で用いるエネルギーデバイス 江原一尚
 6.下部消化管手術で用いるエネルギーデバイス 沖田憲司
 7.肝臓手術で用いるエネルギーデバイス 池田哲夫
 8.胆膵手術で用いるエネルギーデバイス 伊神剛
 9.乳腺手術で用いるエネルギーデバイス 栗原俊明
IV.ステープラー
 1.自動吻合器・自動縫合器の変遷 木下敬弘
 2.鏡視下上部消化管手術に用いる自動縫合器・吻合器の使用法とコツ 津田康雄
 3.下部消化管手術に用いる自動縫合器・吻合器の使用法-腹腔鏡手術を中心に 大塚幸喜
 4.肝胆膵手術に用いる自動縫合器の使用法 本間祐樹
V.トロカール・開創器
 1.開腹による腹部手術に用いる開創器 岡住慎一
 2.多孔式腹腔鏡下手術に用いるアクセスポート 谷田孝
 3.肛門手術操作に用いる器具と使用法 小池淳一
 4.腹部内視鏡外科手術(単孔式)に用いるアクセスポートとトロカール 吉野潤
VI.ステント・チューブ類
 1.上部消化管(食道・胃・小腸)に用いる減圧チューブ・ステントの種類と使用法 上里昌也
 2.下部消化管(大腸)に用いる減圧チューブ・ステントの種類と使用法 松田明久
 3.胆管・膵管に用いる減圧チューブ・ステントの種類と使用法 小林良平
 4.経腸栄養に用いるチューブ類 大石英人
 5.中心静脈留置カテーテルの種類と挿入法 福島亮治
VII.メッシュ
 1.鼠径部ヘルニア(鼠径部切開法)に用いる形状付加型メッシュの種類と使用法 宮崎恭介
 2.鼠径部ヘルニア(腹腔鏡アプローチ)に用いるメッシュの種類と使用法 山本海介
 3.腹壁瘢痕ヘルニア(前方アプローチ)に用いるメッシュの種類と使用法 稲葉毅
 4.腹壁瘢痕ヘルニア(腹腔鏡アプローチ)に用いるメッシュの種類と使用法 三澤健之
VIII.その他の手術器具・材料
 1.止血材料の種類と適切な使用法 小泉哲
 2.癒着防止フィルムの効果と適切な使用法 藤井正一
 3.開腹手術に用いる鑷子の種類と使用法 大山繁和
 4.腹腔鏡下手術に用いる鉗子の種類と使用法 岡島正純
 5.深部生検に用いる超音波プローブと生検針の種類と使用法 高屋敷吏
 6.止血クリップの種類と使用法 小林宏寿