医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀透析 Vol.35 No.7 増刊号【電子版】

2019年6月増刊号

CKD患者における がん化学療法-透析患者を中心に

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-247X
電子版発売日
2019/06/24
ページ数
318ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,264 (本体¥5,800+税8%)

印刷版ISSN
0910-5808
印刷版発行年月
2019/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

CKD患者における がん化学療法-透析患者を中心に
*がん薬物療法について、薬剤の観点からと癌種の観点の双方から考え,サポーティヴケアについても考察を加えていただいた.
*透析患者に限らず、保存期腎不全患者も含めてご執筆いただいた.

目次

1.総 論
(1)オンコネフロロジーの時代
(2)透析患者における悪性腫瘍の疫学
(3)透析患者の悪性腫瘍診断・治療に関わる注意点
(4)透析患者のがん薬物療法のリスクとベネフィット
(5)「がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン」について
(6)透析患者へのがん薬物療法の臨床試験
2.がん薬物療法の特性
(1)透析患者における薬物動態の基礎
(2)殺細胞性抗がん剤-白金製剤
(3)殺細胞性抗がん剤-代謝拮抗薬
(4)殺細胞性抗がん剤-その他
(5)分子標的薬-抗体薬
(6)分子標的薬-チロシンキナーゼ阻害薬
(7)分子標的薬-mTOR阻害薬
(8)免疫チェックポイント阻害薬
(9)サリドマイド・レナリドミド
3.がん種からみた抗がん剤の使用法
(1)肺がん
(2)消化管がん
(3)胆・膵がん
(4)乳がん
(5)泌尿器がん
(6)婦人科がん
(7)血液がん
4.がん患者のサポ-ティヴケア
(1)有害事象について
(2)悪心・嘔吐
(3)便秘・下痢
(4)貧血
(5)好中球減少症
(6)がん疼痛-原因病態と薬剤の特徴を考慮した治療戦略
(7)苦痛緩和のための鎮静
(8)呼吸器症状
(9)輸液・栄養
(10)腹水コントロール
(11)透析の見合わせ
5.症例報告(CKD/透析患者)
(1)肺癌-透析を行いつつ有効な化学療法を実施しえた小細胞肺癌の1例
(2)大腸癌-維持透析中の大腸癌患者に対する非透析日mFOLFOX6 療法の可能性
(3)食道癌-維持透析患者に発症した進行食道癌の1例
(4)腎癌-CKD を有する腎癌にアキシチニブを長期間投与した1例