医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀透析 Vol.35 No.9【電子版】

2019年8月号

標準血液透析を再考する-最良の透析処方・管理技術とは

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-247X
電子版発売日
2019/08/19
ページ数
112ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,808 (本体¥2,600+税8%)

印刷版ISSN
0910-5808
印刷版発行年月
2019/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

標準血液透析を再考する-最良の透析処方・管理技術とは
 透析患者の高齢化は進み,合併症の多様化もみられている.今日では一人ひとりの透析患者の病態を正確に把握したうえで最良の透析処方を実践することが重要と考えられている.

目次

1.患者一人ひとりに合わせた血液透析処方の選択/政金 生人
 2.透析膜,血液浄化膜の選択/友  雅司
 3.透析スケジュールによる影響/喜田 智幸
 4.透析量の評価法/新里 高弘
 5.ドライウエイトの設定法/小松 康宏
 6.透析液,補充液の処方/久野  勉
 7.導入期患者への透析処方/後藤 大樹 他
 8.高齢者に対する透析処方/原田 孝司 他
 9.小児に対する透析処方/伊丹 儀友 他
10.透析液清浄化管理技術/小野 信行
11.透析における安全管理技術―体外循環技術の安全確保/山家 敏彦
12.透析患者のデータ管理技術 石森  勇 他