医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀透析 Vol.36 No.5【電子版】

2020年5月号

近未来の透析医療

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-247X
電子版発売日
2020/05/18
ページ数
102ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISSN
0910-5808
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

近未来の透析医療
 近年は、AI技術が進歩し、血液浄化療法の管理にも取り入れられつつある。透析関連機器の進歩は目覚ましく、効率や安全性向上、小型化や操作簡便化などが図られている。どのような透析医療の未来が開けるのか、その展望をこの特集号でまとめた。

目次

1.近未来の透析医療
  (1)医師の立場から/川西 秀樹
  (2)臨床工学技士の立場から/本間  崇
 2.未来の透析室・透析機器の展望
  (1)近未来のダイアライザ,ヘモダイアフィルタの開発/山下 明泰
  (2)ナビゲーション透析システムの可能性/峰島三千男
  (3)血液透析装置の近未来/山下 芳久
  (4)災害時に使用可能な携行型透析機器/小久保謙一 他
 3.AI・ICT を用いた透析管理
  (1)Explainable AI を用いた腎性貧血治療の適正化/友杉 直久 他
  (2)AI を用いたCKD 患者の食事療法管理/神田英一郎
  (3)AI を用いた血糖管理/豊田 雅夫 他
  (4)AI を用いた急性腎障害の発症予測と診断/林  晃正
  (5)これからの腹膜透析データ管理/森本 耕吉 他
  (6)地域医療としての遠隔透析管理/風間順一郎
 特集コラム
   回帰型ニューラルネットワークを用いた早期AKI 診断/小丸 陽平 他
   人工材料を用いない自家細胞性人工血管の可能性と将来展望/伊藤  学