医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀透析 Vol.37 No.10【電子版】

2021年9月号

CKD・透析患者の最近の知見による体液管理

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-247X
電子版発売日
2021/09/13
ページ数
120ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISSN
0910-5808
印刷版発行年月
2021/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

CKD・透析患者の最近の知見による体液管理
 皮下組織は塩分摂取(Na)に対するバッファーとなっているという.透析患者を診ていても,同じ塩分摂取量であっても,体液増加への影響は均一ではないと感じるが,この背景に皮下組織の影響の違いがあるのだとすれば合点がいく.降圧目的でサイアザイド利尿薬を使用しても体液が大きく減少することはないし,多くの例では低Na 血症が進行することもない.

目次


 ■ 本特集の読み方ガイド/中山 昌明
 1.体液調節機構とその異常/小松 康宏
 2.生体のNa・水調節機構の新知見/北田 研人 他
 3.CKD・透析患者における体液過剰の病態/中山 昌明
 4.体液過剰の疫学(国内外)・患者予後
  (1)慢性腎臓病/磯﨑 雄大 他
  (2) 血液透析患者における体液過剰と血圧について-疫学を中心として/梶谷 英人 他
  (3)腹膜透析・併用療法/嵯峨﨑 誠 他
 5.体液状態の評価・測定法
  (1)生体電気インピーダンス法/大橋  靖 他
  (2)血液サロゲートマーカー・エコー検査/常喜 信彦
  (3)尿酸法による体液状態の評価/新里 高弘
  (4)塩分摂取量の評価方法/永田総一朗 他
  (5)23Na―MRI による組織Na 濃度評価法/森  建文
 6.治療と対策(CKD と透析)
  (1)減塩指導/栁  麻衣
  (2)口渇感/玉垣 圭一 他
  (3)利尿薬/金  恒秀 他
  (4)透析方法と透析液Na 濃度―血液透析/鈴木 一裕
  (5)透析方法と透析液Na 濃度―腹膜透析/丹野 有道