医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀透析 34-04【電子版】

2018年4月号

求められる透析液清浄化-改訂された透析液水質基準の意味するところ

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-247X
電子版発売日
2018/04/23
ページ数
100ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,592 (本体¥2,400+税8%)

印刷版ISSN
0910-5808
印刷版発行年月
2018/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

求められる透析液清浄化-改訂された透析液水質基準の意味するところ 今回の特集は、「2016年版透析液水質基準」や「2016年版透析液水質基準達成のための手順書」を理解して透析液清浄化を実践出来るようにと企画させて頂いたものである。透析療法を実施する上では透析液清浄化は必須となり、その基準もほぼ成熟してきたものと考える。今後は全ての透析室がこの新しい透析液水質基準をなるべく早く充たし、質の高い透析療法を実施することを期待する。

目次

特集/求められる透析液清浄化-改訂された透析液水質基準の意味するところ<br>Editorial 峰島三千男 7<br>1.日本透析医学会「2016 年版透析液水質基準」<br> (1)生物学的汚染基準 川西 秀樹 9<br> (2)化学的汚染基準 峰島三千男 17<br> (3)透析用水作製装置の管理基準 阿瀬 智暢 25<br>2.求められる透析液水質管理<br> (1)生物学的汚染基準に対する管理手順 楢村 友隆 33<br> (2)化学的汚染基準に対する管理手順 菅野 有造 41<br> (3)透析用水作製装置の管理基準に対する運用方法 星野 武俊 47<br>3.透析液関連装置の管理の実際<br> (1)透析液作製・供給システム 小野 信行 55<br> (2)透析液供給装置とライン管理 江村 宗郎 61<br> (3)微粒子除去フィルタ,カプラ,サンプリングポート 山本 英則他 67<br> (4)洗浄・消毒薬の適正使用 本田 和美 73<br> (5)透析液安全管理体制のあり方 内野 順司 79<br>連 載<br>OPINION  Cardionephrologist 藤井 秀毅 5<br>ケース・スタディ/血液透析中の血圧低下後,急激な腹痛が出現し,透析中断後も症状消失しなかった1 例 井口  昭他 88<br>症例による透析患者の画像診断/維持血液透析患者に合併した前立腺膿瘍の1 例 阿部 陽平他 93<br>速 報 「じん臓機能障害」身体障害者手帳認定基準の変更について 西  慎一 86