医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ273巻11号【電子版】

アブレーション(ラジオ波,マイクロ波,凍結療法など)の実績と今後の展開

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/11
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,430 (本体¥1,300+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2020/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

アブレーション(ラジオ波,マイクロ波,凍結療法など)の実績と今後の展開
企画:椎名秀一朗(順天堂大学大学院医学研究科消化器画像診断・治療学)

・『医学のあゆみ』231巻3号で“ラジオ波焼灼療法(RFA)――低侵襲治療の現状と今後の展開”の特集が掲載されてから10年がすぎた.この間,アブレーションは躍進し確固たる地位を占めるようになった.
・近年,RFAでは複数病変の症例でも過不足なく焼灼可能な可変式電極が導入され,国産機器も市販された.また,高出力でアンテナ冷却機能が付き,短時間で大きな範囲を焼灼できる新世代マイクロ波焼灼術も注目される.
・肝癌の治療でも分子標的薬が広く使われるようになった.低侵襲にもかかわらず局所根治性が高いアブレーションは薬物療法との併用でも大きな役割を果たすと予想される.

目次

■アブレーションのガイドラインとトレーニング……椎名秀一朗
■アブレーションの適応拡大……荒井保明
■ラジオ波焼灼術,マイクロ波焼灼術,凍結療法――基礎の基礎……清水匡
■肝細胞癌のアブレーション……建石良介
■転移性肝癌に対するラジオ波焼灼療法のエビデンス……能祖一裕
■肺癌のアブレーション――ラジオ波焼灼術を中心に……生口俊浩・他
■腎癌の画像ガイド下アブレーション治療……藤森将志
■甲状腺腫瘍に対するラジオ波焼灼療法(RFA)……福成信博
■骨腫瘍のアブレーション……宮崎将也
■アブレーション治療と腫瘍免疫……高木治行・山門亨一郎
TOPICS
【循環器内科学】
心不全における右室ストレインの診断的意義……瀬尾由広 
【細胞生物学】
炎症環境下ヒトCD4 T細胞は転写因子Sox4を発現しCXCL13を介して三次リンパ様構造を誘導する……吉富啓之 
【生理学】
よりよい選択肢を選ぶための脳内機序の解明……瀬戸川剛・設楽宗孝 
連載
【老化研究の進歩】
12.認知症と老化に伴う記憶低下の予防と制御――細胞内シグナル伝達系を標的として……柳井修一・遠藤昌吾 
【再生医療はどこまで進んだか】
4.iPS細胞技術を用いた輸血治療の展望……藤尾康祐・江藤浩之 
フォーラム
【医療社会学の冒険】
25.新型肺炎COVID-19の時代に(続)……美馬達哉 
【パリから見えるこの世界】
92.COVID-19パンデミック,あるいは一観察者に見えてきたもの……矢倉英隆