医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ274巻9号【電子版】

第5土曜特集

AIが切り拓く未来の医療

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/11
ページ数
224ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,490 (本体¥5,900+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2020/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

AIが切り拓く未来の医療
企画:浜本隆二(国立研究開発法人国立がん研究センター研究所分野長,一般社団法人日本メディカルAI学会代表理事)

・近年,深層学習を中核とした機械学習技術の進歩,安価で高性能のGPUの登場を含む情報基盤技術の進歩,またパブリックデータベースの拡充などにより,大規模なデータを利活用することが容易になってきた.
・医療AIに対する期待および可能性は大きいものの,改正個人情報保護法の下で要配慮個人情報と定められた医療情報の取り扱い,また機械学習・深層学習技術に特有の問題点など,解決すべき課題も多いのが現状である.
・本特集は医学分野・情報科学分野のみならず,法律,生命倫理,プライバシー,医療機器の薬事規制など,さまざまな分野において国内第一線で活躍しておられる専門家に,医療AIの現状・期待・課題を論じていただく.

目次

■特別提言――AI時代の“臨床医学のまなざし”……永井良三
AI技術の動向
■人工知能研究のこれまでとこれから……杉山将
■統計的学習機械の医療応用――PLRM,dPLRMの場合……田邉國士
■深層学習の興隆と医療における今後の展望……大田信行・岡野原大輔
■医用画像解析におけるパターン認識……備瀬竜馬・内田誠一
■スモールデータ深層学習とその医用画像処理・診断支援への応用……鈴木賢治
AI技術を用いた医用画像解析
■AIを用いた内視鏡画像診断……山田真善
■深層学習技術を活用した放射線画像解析……小林和馬
■病理画像に秘められた可能性の探求――AIによる知識の拡張……山本陽一朗
■AIを用いた超音波画像診断……小松正明
■多施設データを用いたradiomics解析……高橋慧・高橋雅道
AI技術を用いたオミックス解析
■機械学習を用いたゲノム研究……瀬々潤
■機械学習技術を駆使したエピゲノムデータの本質的意義の解明――多様化する機械学習法の利活用……金子修三
■人工知能技術による大規模ゲノムコホート・バイオバンク解析……田宮元
■AI技術を利用したマルチオミックス解析……浅田健
ビッグデータ時代における医療情報学分野
■次世代健康医療記録システムの共通ICTプラットフォーム構想……大江和彦
■ビッグデータ・AIがもたらす医療のイノベーション……田中博
■AI解析を志向した医療情報統合プラットフォームの構築……田中勝弥・他
自然言語処理と医療への応用
■言語処理とテキストマイニング……辻井潤一
■電子カルテデータを用いた診断支援システムの構築……荒牧英治・他
■統合データベースのための専門用語を考慮した再帰的パラフレーズ検索……竹内俊貴・他
AI技術の創薬への応用
■人工知能(AI)を用いた創薬プロセスの加速におけるデータの重要性……渡邉怜子・水口賢司
■AIが拓くデータ駆動型創薬とリポジショニング……山西芳裕
AI技術の実臨床への応用
■内視鏡AIでがんの見逃しゼロへ……小澤毅士・多田智裕
■AI技術を用いたゲノム医療へ……井元清哉
■精神医学へのAI技術の応用……木下翔太郎・岸本泰士郎
■慶應義塾大学病院における内閣府AIホスピタルプロジェクト……洪繁・他
■眼科領域におけるAIの活用……升本浩紀
■AI技術の実臨床への応用……宮木康成
■人工知能を用いた皮膚腫瘍予測システムの開発……陣内駿一・山﨑直也
医療AIの生命倫理,安全および法的整備
■医療AIと医療倫理――患者・市民とともに考える企画の試みから……武藤香織・井上悠輔
■医療AIとサイバーセキュリティ……村田敬
■ AI倫理とプライバシー……中川裕志
■AIを利用した医療機器の薬事規制のあり方……中岡竜介・古川浩
■医療AIと法律……板倉陽一郎