医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ268巻2号【電子版】

Gorlin症候群――発生から治療法まで

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/18
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,430 (本体¥1,300+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2019/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

Gorlin症候群――発生から治療法まで
企画:藤井克則(千葉大学大学院医学研究院小児病態学)
・Gorlin症候群は,1960年に報告された高発癌性の神経皮膚症候群である.日本国内ではまだよく知られていない疾患かもしれないが,疾患背景には多くの生物学的に興味ある事実がある.
・本症候群の責任遺伝子がヘッジホッグ蛋白の受容体PTCH1であることが報告され,シグナル異常症として脚光を浴びた.現在,vismodegibをはじめ,この経路を標的とした治療が期待されている.
・本特集では,Gorlin症候群をめぐる数多くの話題に触れ,研究と臨床の第一線で活躍される先生方に,ヘッジホッグシグナルが生体に果たす役割を解説していただく.

目次

■ Gorlin症候群の歴史……塩浜直
■Gorlin症候群とヘッジホッグシグナル……内田智子
■Gorlin 症候群の臨床症状──日本での調査を中心に……内川英紀
■Gorlin症候群の遺伝子診断……宮下俊之・高山吉永
■Gorlin症候群とiPS細胞……池原甫
■Gorlin症候群と骨代謝……高谷具純
■放射線による髄芽腫発生とヘッジホッグシグナル経路……鶴岡千鶴・島田義也
■Gorlin症候群の治療・診療……青山弘美
TOPICS
【再生医学】
多能性幹細胞を用いた腎臓再生……髙村毅・横尾隆 
【免疫学】
非古典的単球の生存を制御する転写因子C/EBPβ……平位秀世 
【消化器内科学】
肝細胞癌の薬物療法……工藤正俊 
連載
【地域包括ケアシステムは機能するか】
9.医療行政が推進する地域包括ケアシステム……木全真理・飯島勝矢
 【医学・医療におけるシミュレータの進歩と普及】
6.心臓病患者シミュレータ“ハーヴェイ君”──世界初の心臓病患者マネキン……髙階經和
  フォーラム
当直医マニュアルの30年……小畑達郎・近藤克則・小松孝充・箕輪良行
【パリから見えるこの世界】
75.シンポジウム「医学における人間」で,現代医学の課題を考える……矢倉英隆