医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ273巻2号【電子版】

糖尿病とスティグマ――Cure,CareからSalvation(救済)へ

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/11
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,430 (本体¥1,300+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2020/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

糖尿病とスティグマ――Cure,CareからSalvation(救済)へ
企画:清野 裕(公益社団法人日本糖尿病協会理事長,関西電力病院総長)

・“スティグマ(stigma)”とは一般に“恥・不信用のしるし,不名誉な烙印”を意味し,ある特定の属性に所属する人に対して否定的な価値を付与することである.
・現在,糖尿病をめぐる医療環境は飛躍的に進歩しており,糖尿病があっても社会で活躍できる時代となっているが,おそらく社会のイメージは以前のままで固定されており,現在も糖尿病患者に不利益をもたらしている.
・糖尿病のスティグマのない社会をめざして,糖尿病医療に携わる医療従事者は,通常診療のみならず,患者の現状を認識し,患者に寄り添った立場から広く社会に訴えかけ,患者の権利を擁護する必要がある.

目次

■保健医療におけるスティグマ――人々の内面の動きとアドボケイトとしてのあり方……黒江ゆり子
■語源,歴史,現状……内潟安子
■患者として医師としての体験から……南昌江
■スティグマは2型糖尿病患者の自己管理行動にどう影響しているか……加藤明日香
■精神神経科の立場から――名付けることの意味……松島淳・門司晃
■糖尿病療養支援とスティグマ……和田幹子
■糖尿病とアドボカシー――海外の動向……野見山崇
■スティグマとアドボカシーを考慮した糖尿病療養指導……田中永昭
TOPICS
【輸血学】
自己血輸血の過去・現在,そして未来……牧野茂義 
【臨床検査医学】
遺伝子関連検査の精度保証:求められる国際水準への対応と展開……宮地勇人 
【脳神経外科学】
くも膜下出血の神経原性肺水腫における脳-肺連関と最新の全身管理……武藤達士・江口薫 
連載
【診療ガイドラインの作成方法と活用方法】
17.推奨作成の基本と課題:エビデンスから推奨への基本ステップと最近の課題……後藤温 
【老化研究の進歩】
6.正常組織は老化とともに遺伝子変異が蓄積する……横山顕礼・他 
フォーラム
小耳症に対する耳介再建の最前線――現在までの進化形と今後の課題……四ッ柳高敏
【パリから見えるこの世界】
90.『近代の超克』,あるいは日本人による日本の科学と知の省察……矢倉英隆