医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ274巻10号【電子版】

第1土曜特集

肥満――外科治療と基礎研究の最新情報

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/11
ページ数
120ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2020/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

肥満――外科治療と基礎研究の最新情報
企画:戸邉一之(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)内科学第一講座)
木村 穣(関西医科大学健康科学センター健康科学科)

・近年の肥満症分野での大きな発展は,肥満症の病態についての基礎研究と高度肥満症に対する外科的治療の進歩である.
・基礎研究の分野ではアディポネクチン受容体作動薬の開発,脂肪組織のリモデリングの分子的レベルでの解明,ベージュ脂肪細胞の研究の進歩,中枢を介したエネルギー代謝,肥満症に伴う諸臓器の障害のメカニズムについて次々と解明されてきた.
・肥満外科手術による減量はその急速かつ劇的な減量効果により,臨床的意義のみならず肥満症の病態生理にも新たな視点を与え,興味ある研究分野となっている.

目次

外科治療
■肥満に対する外科治療の歴史……井上健太郎
■肥満に対する外科治療のエビデンスと適応……山口剛
■日本における肥満外科手術の現状と展望……遠藤裕一・他
■スリーブ状胃切除術の基礎研究――胃縮小効果以外の機序……宮崎安弘
■消化管バイパス術の代謝改善メカニズムの基礎的研究……井本博文
■肥満外科治療におけるチーム医療の必要性と各職種の役割……木村穣
■肥満に対する手術の実際……北浜誠一
■わが国における肥満外科手術後の諸問題……大城崇司
■肥満2型糖尿病に対する代謝手術(metabolic surgery)の展望……関洋介・他
基礎研究
褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞
■褐色・白色脂肪細胞における転写制御と肥満治療……脇裕典・山内敏正
■ヒストン脱メチル化酵素による脂肪細胞の機能制御……稲垣毅
■褐色脂肪細胞におけるO-GlcNAc修飾の役割……大橋夏子・他
■脂肪組織における代謝適応とリモデリング・線維化機構……長谷川豊
アディポネクチン受容体
■アディポネクチン受容体の構造と機能……岩部真人・他
脂肪組織の間葉系幹細胞・前駆脂肪細胞の作用と制御
■アディポネクチンと間葉系幹細胞……喜多俊文・下村伊一郎
■前駆脂肪細胞のニッチとしてのM2マクロファージ――見直されつつあるM2マクロファージ抗炎症作用説……戸邉一之・他
■成熟脂肪組織および脂肪前駆細胞におけるインスリン/IGF1シグナルの役割……阪口雅司・他
中枢を介した代謝調節
■糖代謝の制御を担う視床下部神経回路……近藤邦生
■新規臓器間代謝情報ネットワーク機構の解明……浅井洋一郎・片桐秀樹
■迷走神経を介した臓器連関と糖代謝……井上啓・稲葉有香
他臓器との関連
■肥満・炎症と腸内細菌叢……入江潤一郎・伊藤裕
■NASHの発症と脂肪組織との連関……藤田政道・他
■DOHaD学説と肥満――DNAメチル化を介したエピゲノム記憶の関与……橋本貢士
■マクロファージによる臓器間ネットワークの形成……大石由美子・真鍋一郎
■薬剤による腸内細菌叢の変化と代謝への影響……藤坂志帆・他
■肥満・糖尿病とサルコペニア――分子メカニズムを含めて……平田悠・小川渉