医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ279巻7号【電子版】

臓器移植――限界と挑戦

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/15
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,540 (本体¥1,400+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2021/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

臓器移植――限界と挑戦
企画:大段秀樹(広島大学大学院医系科学研究科消化器・移植外科学)

・「臓器移植法」の改正にもかかわらず,脳死からの臓器提供は期待したほどには増加していない.わが国の臓器移植はいまだに生体ドナーからの移植が主流であり,移植医療のさらなる普及のために社会的な課題は山積している.
・21世紀となった今,臓器不全に対する移植医療のブレイクスルーとして期待がかかる課題としては,高齢者や担癌患者への適応拡大や免疫寛容の誘導,革新的な臓器保存方法の開発,再生医療の新展開などがあげられる.
・本特集では,今後の移植医療を革新する課題について,現状をまとめ展望していただく.また予想もしなかった新興感染症を経験した今,有事における移植医療のあり方を考察し,将来への提言をいただく.

目次

■高齢レシピエントの腎移植――腎移植の恩恵を享受するために
■超高齢社会における肝移植
■臓器保存の臨床への挑戦
■Transplant Oncologyが拓くがん治療の未来
■移植免疫から展開するがん免疫――血管内皮細胞の免疫学的特性の側面から
■免疫寛容誘導への挑戦
■腎臓再生の現状と小児医療への応用
■コロナ禍における移植医療

TOPICS
【神経精神医学】
悲しみは痛みを強くする――急性痛と慢性痛について
【環境衛生】
気候変動と感染性胃腸炎

連載
【この病気,何でしょう? 知っておくべき感染症】
23.多包虫(北海道のキツネとエキノコックス)
【オンラインによる医療者教育】
9.少人数でもできるオンライン開催の小規模学会大会・研究集会の運営――10のTips
【ユニークな実験動物を用いた医学研究】
7.特異な哺乳類ハダカデバネズミの秘密――真社会性・老化耐性・がん化耐性
【COVIDー19診療の最前線から――現場の医師による報告】
はじめに――連載にあたり
1.コロナ禍で明らかになった課題:臨床研究とPCR検査

フォーラム
【パリから見えるこの世界】
103.「科学の形而上学化」を文化に,そして今なぜ改めて「科学精神」なのか
【子育て中の学会参加】
15.形成外科医の視点から