医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ278巻3号【電子版】

フットケア・足病医学――歩行・生活を守るチーム医療の確立

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/07/19
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,540 (本体¥1,400+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2021/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
72 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

フットケア・足病医学――歩行・生活を守るチーム医療の確立
企画:寺師浩人(神戸大学大学院医学研究科形成外科学)

・わが国は超高齢化社会を迎え,糖尿病や動脈硬化症の増加に伴い,下肢にさまざまな足病を抱え,自力歩行困難な患者が急増している.
・慢性の足病を抱える患者群ではサルコペニアが進行し,重症下肢虚血にまで病態が及べばフレイル予備軍となり,下肢大切断を余儀なくされると自力歩行不可で介護を要する.
・難治性創傷に悩む患者も多く,多職種・多診療科での横並びでの診療体制とフットケアを主体に,患者の歩行・生活を守るチーム医療確立が喫緊の課題である.

目次

■循環器内科医による足病管理
■腎臓内科医(透析医)の視点から
■血管外科の立場から
■大学病院初の「足の疾患センター」における足病診療の取り組みと形成外科の役割
■看護師の立場から
■足病チーム医療における理学療法士の視点
■作業療法の立場から
■義肢装具士の立場から
■“地域”の視点から

TOPICS
【脳神経外科学】
スポーツ頭部外傷の現状と対策
【細胞生物学】
筋ジストロフィー関連心筋症でみられるゴルジ異常と微小管過重合
【免疫学】
新型コロナウイルス感染症における液性免疫の異常――胚中心およびBcl6陽性濾胞性ヘルパーT細胞の減少

連載
【この病気,何でしょう? 知っておくべき感染症】
13.腸アニサキス症(腸閉塞を診たら食歴も尋ねよう)
【いま知っておきたい最新の臨床検査――身近な疾患を先端技術で診断】
12.長時間ビデオ脳波モニタリング

フォーラム
【子育て中の学会参加】
5.産婦人科領域――キャリアアップのための支援とは?

特別寄稿
新型コロナワクチンの公平な供給――COVAXファシリティの取組み