医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ288巻6号【電子版】

消化器外科領域におけるロボット手術の最前線

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2024/02/12
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,650 (本体¥1,500+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2024/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

消化器外科領域におけるロボット手術の最前線
企画:藤田文彦(久留米大学医学部外科学講座)

・日本では手術支援ロボットが,2012年に前立腺全摘が保険収載されると泌尿器科を中心に普及し,2018年以降,食道,胃,直腸の消化器外科領域でも広がり,現在では肝臓や膵臓,結腸でも保険適用となっている.
・ロボット手術の急速な普及を受け,2023年度から日本内視鏡外科学会技術認定制度において,食道,胃,大腸のロボット手術が審査対象となったことから,安全性を担保した術者教育は極めて重要な課題である.
・今回は,消化器外科領域のロボット手術の支援技術に焦点を絞って特集を企画させていただいた.各領域のエキスパートの先生方に解説をお願いしており,本特集号がロボット手術に携わる皆様の一助になれば幸いである.

目次

■国内で使用可能な各ロボットの特徴
■ロボット支援食道癌手術
■ロボット支援胃切除術の最前線――高難度症例への発展
■脾彎曲部癌に対するロボット支援手術
■ロボット支援肝切除の現状と今後の展望
■ロボット支援膵臓手術
■ロボット支援手術の術者教育
■ロボット手術の今後の展開

TOPICS
【疫学】
なぜ性感染症はなくならないのか――性接触ネットワークの探求

連載
【医療システムの質・効率・公正――医療経済学の新たな展開】
22.費用対効果の政策適用:日本と海外
【遺伝カウンセリング――その価値と今後】
12.地域医療連携と遺伝カウンセリング
【臨床医のための微生物学講座】
2.赤痢菌・サルモネラ・ビブリオ/コレラ

フォーラム
【世界の食生活】
11.生を支えるハル イッケウ(食の背骨)――日本の先住民族アイヌの食生活
【戦後の国際保健を彩った人々】
6.ポール・ファーマー
【死を看取る――死因究明の場にて】
3.生と死の境界線③