医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ272巻9号【電子版】

第5土曜特集

オートファジー――分子機構・生物学的意義・疾患との関わり

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/11
ページ数
272ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,490 (本体¥5,900+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

オートファジー――分子機構・生物学的意義・疾患との関わり
企画:水島 昇(東京大学大学院医学系研究科分子細胞生物学専攻分子生物学分野)

・オートファジーとは,細胞質成分をリソソームで分解する細胞機能と一般に定義される.なかでもマクロオートファジーとよばれる,オートファゴソームを利用した経路が最もよく知られており,研究されてきた.
・また,マクロオートファジーだけではなくミクロオートファジー,膜透過型オートファジー,クリノファジーに代表されるその他のオートファジーについてもさまざまなエビデンスが得られてきた.
・本特集は,ここ数年の最新トピックスを中心にしつつも,オートファジー研究分野の基礎から臨床までを俯瞰できるように構成した.分野内だけではなく,分野外の研究者にとっても有用なものとなれば幸いである.

目次

マクロオートファジーの基礎
■オートファジー関連因子のoverview……山本林
■オートファジーの誘導①:アミノ酸によるオートファジーの制御……野田健司
■オートファジーの誘導②:選択的基質による制御……神吉智丈
■オートファゴソーム膜の供給①:小胞体関連構造を介した隔離膜形成……荒井律子・和栗聡
■オートファゴソーム膜の供給②:小胞……小谷哲也・中戸川仁
■オートファゴソーム膜の供給③:蛋白質依存的な隔離膜への脂質供給機構……大澤拓生
■オートファジー関連因子の非オートファジー機能……森下英晃
■隔離膜分裂による二重膜小胞“オートファゴソーム”の完成……高橋良徳
■オートファジーの最後期過程――オートリソソームからリソソームの再生……中村毅・藤田尚信
■オートファゴソーム形成の物理モデル……境祐二・本田郁子
■オートファジーと液-液相分離……藤岡優子
■選択的オートファジーの構造生物学的基盤……野田展生
■ユビキチン介在性選択的オートファジー……一村義信・小松雅明
オートファジーの生物学的意義
■オートファジーの生理機能のoverview……久万亜紀子
■オートファジーと脂肪滴の関わり……小笠原裕太・他
■オートファジーと核酸・イオン代謝……堀江朋子
■マイトファジーの分子機構と生理的意義……大西真駿・岡本浩二
■オートファジーによる父性ミトコンドリアの選択的分解……佐藤美由紀
■小胞体分解 いつ? どこで? どうやって?……千野遥
■ゼノファジーの分子機構……森田英嗣
■リソファジーの分子機構と意義……濱﨑万穂・吉森保
■寄生性原虫のオートファジー……津久井久美子
■オートファジーと細胞死……清水重臣
その他のオートファジー
■ミクロオートファジー研究の課題……奥公秀・阪井康能
■RNautophagyとDNautophagy……株田智弘
■クリノファジー――分泌顆粒とリソソーム膜の膜融合……板倉英祐
■LAP (LC3-associated phagocytosis)――オートファジー因子が関与する特殊なファゴサイトーシス……吉井紗織
オートファジーと疾患
■オートファジーと神経変性疾患――パーキンソン病・SENDAを中心に……斉木臣二
■オートファジーと神経変性疾患――筋萎縮性側索硬化症(ALS)と前頭側頭型認知症(FTD)を中心として……秦野伸二
■オートファジーとがん……一村義信・小松雅明
■オートファジーと代謝性疾患・腎疾患……山原真子・他
■オートファジーと膵β細胞……西田友哉・綿田裕孝
■オートファジーと心疾患……佐渡島純一
■肝疾患の病態形成に関与するオートファジー……疋田隼人・竹原徹郎
■オートファジーと炎症性腸疾患……大島茂
■オートファジーと寿命延長……中村修平・吉森保
オートファジーの先端技術
■三次元電子顕微鏡法……小池正人
■オートファジー研究におけるプロテオミクス……栗川義峻
■飢餓代謝におけるオートファジーの役割の解明へむけて――メタボローム解析によるアプローチ……杉浦悠毅・小松雅明
■マクロオートファジーの化合物による制御――創薬をめざして……高橋大輝・有本博一