医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医学のあゆみ287巻4号【電子版】

適応障害(適応反応症)の予防と対策

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2023/10/30
ページ数
70ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,540 (本体¥1,400+税10%)

印刷版ISSN
0039-2359
印刷版発行年月
2023/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

適応障害(適応反応症)の予防と対策
企画:平島奈津子(国際医療福祉大学三田病院精神科)

・適応障害(適応反応症)は,単なる適応不全を指すものではなく,ストレス因と症状の発現・消失との時間的因果関係を診断要件とする.ストレス因がもたらす反応は精神面だけではなく,身体面にも現れる.
・適応障害(適応反応症)は,ストレス因に比べて心身への反応が重篤な現れ方をし,その結果として職業,学業,家庭などでの活動に大きな支障をきたすが,ストレス因がなくなれば症状も軽快するという特徴がある.
・ストレス因に対する適切な対処が,適応障害(適応反応症)の予防やメンタルヘルスの維持・向上につながる.本特集では,適応障害の診断や治療戦略のほか,さまざまな領域における予防と対策についても論じている.

目次

【総論】
■適応障害(適応反応症)の概念と診断
■適応障害と自殺
■“適応障害”と診断されがちな“新型/現代型うつ”の治療戦略――“逃げたいこころ”への共感と理解を促す心理社会的支援
【予防と対策】
■適応障害の文脈におけるマインドフルネス認知療法
■子どもの適応障害のとらえ方と対応のあり方
■進行がん患者における適応障害の予防と対策
■産業現場における適応障害の予防と対策
■“職場のうつ”(適応障害)への対応策――精神科診断書による意見申述

連載
【医療システムの質・効率・公正――医療経済学の新たな展開】
14.医師数の地域差と将来予測
【遺伝カウンセリング――その価値と今後】
4.遺伝医療における倫理的課題

TOPICS
【眼科学】
アルギニンメチル基転移酵素METTL23変異と正常眼圧緑内障
【小児科学】
子どものスクリーンタイム・神経発達・外遊び

フォーラム
【日本型セルフケアへのあゆみ】
22.がん在宅療養における医療的ケアと薬学的ケア